厄年対策にはこの財布がおすすめです

 

男性の大厄は42歳、女性の厄年は33歳ですよね

厄年に身に着けたほうがいいものは「長いもの」「七色のもの」「うろこ模様のもの」の3点。

この条件がそろってるのが実は開運財布なんです。

 

人は何か思い通りにいかないことがあると「厄年だから」と言うことがあります。中には真剣に厄払いをする人もいます。これは日本の伝統的な信仰ですが、不思議なことに厄年になると様々な災難に見舞われる人が多いのは事実なのです。

 

気分的にも厄年対策をしたいと思う人も多いでしょう。しかしいちいち神社に出向いて厄払いの儀式をして貰うのは大変です。普段の生活で幾つか厄年対策があるので、それを利用してみると良いでしょう。

 

厄年の人が、身に付けることで厄除けになるとされているのが「長い形のもの」「七色のもの」「うろこ模様のもの」です。

 

長いものというと、男性ならネクタイがありますが、女性にはあまり思いつくものがありません。マフラーだと寒い季節にしか身に付けられません。昔は女性の着物の帯が長いものだったので、厄除けに身に付けたといわれていますが、現代ではファッション性もあるので中々選ぶのが難しくなります。

 

七色のものといえば、女性ならばアクセサリーがありますが、これは毎日身に付けるのは難しくなります。そして男性にとっては中々アイテムを見つけるのに苦労をします。日頃から身に付けるもので中々両方を揃えるのは難しいのです。

 

さらにうろこ模様のものというと、ファッションセンス的にもかなり難しくなります。そんな時に便利なのが、財布です。財布ならば、長い形のものがありますし、七色のものやうろこ模様のものも手に入れられます。

 

財布屋の厄年財布は、厄年対策として販売されている商品です。内側に七色の帯が付き、白蛇のうろこ柄の上品な色合いです。しかも長財布ですので、3つの厄除条件を見事にクリアしています。

 

財布屋の厄年財布は、もちろん使い易さも追求されていて、収納し易くお金の整理もきちんとできます。厄年対策だけではなく、金運も良くなる効果がありますので、一石二鳥です。

 

厄年で何となく不安、と言う人は、厄年財布を身に付けていれば安心して出かけられる様になるでしょう。
私も厄年財布を持っていたら何事もなく無事に過ごせましたよ。